« 超低賃金国からの輸入品には特別関税をかけよ | トップページ | 中国と北朝鮮は同じ穴のむじなである »

2006年1月28日 (土)

金持ち優遇税制を改めよう

現行の税制は金持ちを優遇しすぎである。

所得税(住民税を含む)の税率は6段階で、最高税率は50%、相続税のそれも6段階で、最高税率は50%である。

所得税(住民税を含む)、相続税ともに、累進段階を倍の12段階に増やし、その最高税率を90%に引き上げるべきである。

所得格差の拡大は目に余る。個人の能力や努力に応じて所得に格差があるのは当然であろう。しかし、格差には限度を設ける必要がある。

現行の最高税率はどれだけ多額の所得があっても、たったの50%。こんなバカな話はない。いくら沢山稼いでもほとんど税金に持っていかれるのでは働き甲斐がない、という人がいる。何と強欲なことか。働き甲斐は、金だけか。ほかにあるだろう。税率90%でも、まだ10%は手元に残るのだ。

配偶者や子供にできるだけ多く財産を残してやりたい、という気持ちはわかる。しかし、すでに生きているうちにずいぶん与えてきたはずだ。金持ちの子供はそうでない者の子供にくらべてめぐまれた生活を送り、高い教育も受けている。機会均等という観点から言えば、これは不平等な話である。金持ちの子とそうでない者の子は、スタート地点から差がついてしまっているのだ。それが、遺産の多寡で、さらに差がつくのだ。税率を90%にしても、まだ10%は残してやれる。さらに基礎控除分もある。それで十分ではないか。

|

« 超低賃金国からの輸入品には特別関税をかけよ | トップページ | 中国と北朝鮮は同じ穴のむじなである »

コメント

90%?ありえねー
じゃあ、俺金持ちになるのやーめた

投稿: っま | 2006年1月29日 (日) 12時25分

めちゃくちゃいってるな。
それでは先祖から受け継いできた家を追われることになる。
とんでもない話だ。
むしろスイスやカナダのように廃止すべきである。

>金持ちの子供はそうでない者の子供にくらべてめぐまれた生活を送り

小学生のころから塾に行かされて偏差値漬けの教育を受けてきたことのどこが恵まれているのか?
まったく理解できない。
ただの僻みだろWW

投稿: とおりがかり | 2006年9月 8日 (金) 22時12分

 優遇税制とは、金持ちだけでなく、事実上400万以下の収入での妻+子2人の標準世帯なら所得税は7万円も払わないのです。同じ国民として多くのサービスを受けながら月々6千円。日割りで一日200円ですよ。こんなに優遇されてる先進国はないですけどね。

投稿: yoshi | 2006年9月22日 (金) 23時35分

貧乏人の子は子供のころ塾にも行かされずのびのび育ってる。子供のころは家が貧しいほうが得。

投稿: LH | 2007年2月 8日 (木) 23時36分

俺も金持ちからもっと税金とっていいと思うぞ。
反対するキミらは年収2千万ほどあるのか?
親から受け継ぐ資産が何億もあるのか?

投稿: 貧乏人 | 2007年7月28日 (土) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159826/8380006

この記事へのトラックバック一覧です: 金持ち優遇税制を改めよう:

« 超低賃金国からの輸入品には特別関税をかけよ | トップページ | 中国と北朝鮮は同じ穴のむじなである »