« 理由なき殺人、傷害にどう対処すべきか | トップページ | 固定資産課税台帳をネットで公開せよ »

2006年3月 4日 (土)

もっと情報の公開を

閉鎖社会は、不正や悪事の温床である。オープンな社会、たくさんの人の目にさらされる社会では、不正や悪事は発生しにくい。

この世から不正や悪事を減らす一番効果的な方策は、情報を公開することである。

特に、政府や地方自治体は、徹底して情報を公開しなければいけない。
情報を自分たちだけで独占し、隠すようなことがあってはならない。
原則は、「すべて公開」だ。

公開の方法も、煩雑な手続きを要することなく、すべて、インターネットで公開し、誰もがどこからでも、パソコンで見ることができるようにすべきである。

もちろん、個人のプライバシーは尊重されねばならない。しかし、それは厳しく限定しなければいけない。非公開にする情報は、ごく限られた例外であって、だれもが納得のいく理由がなければならぬ。

また、公務員は公僕であるから、そのプライバシーは民間人よりもはるかに厳しく限定されたものになる。当然のことだ。

|

« 理由なき殺人、傷害にどう対処すべきか | トップページ | 固定資産課税台帳をネットで公開せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159826/8938354

この記事へのトラックバック一覧です: もっと情報の公開を:

« 理由なき殺人、傷害にどう対処すべきか | トップページ | 固定資産課税台帳をネットで公開せよ »