« 固定資産課税台帳をネットで公開せよ | トップページ | 過度の貿易自由化は日本に害をもたらす »

2006年3月19日 (日)

日本の人口減は心配無用である

つい最近まで、日本の人口がどんどん増加して大変な事になるのではないかと、あれほど心配していた多くの人たちが、今度は一転して、人口が減少に転じたこと、高齢化が進んでいることをとても心配している。

心配は無用である。

人口が減り始めると、このままずっと減り続けると思いがちだが、そんな単純なものではない。また増加に転じる可能性もある。

仮に1000万や2000万人減ったところで、何の心配もない。過密が解消されて、かえって住みよくなるくらいだ。

高齢化を心配するが、昔と違って今のお年寄りはとても元気だ。また、機械化が進んで軽労働が多くなった。肉体を使う仕事より頭を使う仕事が増えた。高齢者にもできる仕事はたくさんある。

心配すべきは、外国人労働者を増やそうとする動きである。

大事なのは、日本国民の職を確保することである。それが国の役目である。今の日本には失業者があふれている。働かない若者があふれている。この人たちに、いかに魅力ある職場を提供するか、それを考えねばならぬ。

低賃金でも、労働環境が劣悪でも、文句を言わないからと、外国人労働者を増やしてはいけない。日本人労働者が喜んで働けるような賃金、労働環境にしなければいけない。
いかに努力しても、誰もが嫌がる、きつい仕事が残れば、それに見合った高賃金を払えばいい。外国人に安くやらせよう、などと思ってはいけない。外国人を蔑視してはいけない。そんなことをすれば、将来、必ずしっぺ返しを受ける。ヨーロッパの先進諸国の失敗に学ばねばならぬ。

|

« 固定資産課税台帳をネットで公開せよ | トップページ | 過度の貿易自由化は日本に害をもたらす »

コメント

まったく、こんなに狭い土地に、こんなにウジャウジャ人がたくさんいて、これ以上増やしたいなんてだれが思うものか?減りすぎたと思ったら、また自然に増える・・で充分でしょう。そう思います。

投稿: ニヤン | 2006年6月30日 (金) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159826/9155536

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の人口減は心配無用である:

« 固定資産課税台帳をネットで公開せよ | トップページ | 過度の貿易自由化は日本に害をもたらす »