« 東条英機の戦争責任は明白かつ重大である | トップページ | 消費税を上げる前にやるべきことがある  財政再建策 その2 »

2006年9月 3日 (日)

消費税を上げる前にやるべきことがある  財政再建策 その1

財政再建のために消費税を上げよう、との提言がさかんになされている。

私は、かねてより、消費税の引き上げには、その逆進性ゆえに金持ち優遇になるからと、反対してきた。

消費税を上げる前にやるべきことがある。
それを、財政再建策 その1、その2 として述べてみたい。

【財政再建策 その1】

1.「地価税」 を復活、強化する。
  土地は、本来、国のもの、国民共有の財産である。
  また、国家の保護がなければ、土地の私的所有は不可能
    である。
  したがって、土地所有者は、国に対して相応の税金を払わねば
  ならない。
  ただし、公共の用に供する土地は非課税、現に人が居住したり
  働いている土地はその居住人数・就労人数に応じて、一定の
  金額までは非課税とする。
  「地価税」は、平成5年度に約6000億円の納付があった。
    これを、2兆円程度になるように強化し、復活させる。

2.所得税・相続税の税率の累進段階を倍増し、最高税率を90%に
    引き上げる。
  2006年1月28日付「金持ち優遇税制を改めよう」参照。

3.超低賃金国からの輸入品に特別関税をかける。
  2006年1月22日付「超低賃金国からの輸入品には特別関税
    をかけよ」
参照

4.たばこ税を10倍にする。

5.車両重量1500kg以上の乗用自動車の自動車重量税を2倍に
    する。

|

« 東条英機の戦争責任は明白かつ重大である | トップページ | 消費税を上げる前にやるべきことがある  財政再建策 その2 »

コメント

こんにちわ。呟き尾形と申します。

 トラックバックを頂き、やってまいりました。

 消費税の税率を上げる前にやるべき事がある。
 というご意見は、まったくおっしゃるとおりだと思います。

 消費税は低所得者の負担を多くする逆進性であるという意識が浸透していないのかどうかはわかりませんが、消費税率を上げるほか無いという論調があることに疑問を抱いています。

 

投稿: 呟き尾形 | 2006年9月 7日 (木) 23時27分

 トラックバックありがとうございました。

 消費税は、“10%は上げないとダメだ”とか“もっと少なくて済む”とか、新聞でもよく見かけますが、その他のことについては、マスコミも特に取り上げることもないようですね。

 僕は、‘無駄使い’が気になっているんですが、そのへんのことはどのくらい議論されているんでしょう・・・。

投稿: けんじ | 2006年9月 9日 (土) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159826/11742488

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税を上げる前にやるべきことがある  財政再建策 その1:

« 東条英機の戦争責任は明白かつ重大である | トップページ | 消費税を上げる前にやるべきことがある  財政再建策 その2 »