« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年2月24日 (土)

鹿児島県警は何をしていたか

鹿児島県議選での公選法違反(買収)事件の地裁判決を新聞で読んだ。

鹿児島県警はいったい何をしていたのか。
ケチな選挙違反容疑で、多大な時間と労力を費やして、しかも、あろうことか、それがでっち上げ事件だったとは。

そもそも、警察はこんなくだらない事件を取り上げるべきではないのだ。
もっと他に大事なことがあっただろうに。
たとえば、暴力事件の取り締まりだ。

弱い、しろうとの、一般市民を逮捕していじめ抜くのは、さぞ楽だろう。
だが、そんな根性の腐った警察官など要らない。
求められているのは、一般市民には手の負えない、暴力をふるう無法者に向かって敢然と立ち向かう警察官なのだ。
弱いものいじめとちがって、たいへんな、決して楽ではない、きつい仕事だと思う。
しかし、国民は、そのためにこそ警察官に権限を与えているのだ。

鹿児島地検も同罪である。
また、被告の長期勾留を認めた裁判所も同じである。
白状するまで保釈を認めない、などというのはとんでもない話である。

日本では、罪を認めて反省する犯罪者に対する処罰が極端に甘い代わりに、罪を認めない容疑者に対しては、極端に厳しい。
お上のやることに間違いはない、素直に従えば許してやる、という、おそろしく古い考え方からきているのだろう。
改めるべきである。

関連記事:「暴力を許すな」(2006.12.20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »