« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年5月19日 (土)

暴力を甘やかし、へつらう警察上層部の首を切れ

愛知県長久手町の発砲立てこもり事件への警察の対応に、強い怒りを覚える。

もともと、警察には、弱い者には徹底して強くあたり、強い者には媚び、へつらう、という傾向があるけれども、これほどひどいとは思わなかった。

拳銃を持って、すでに発砲し、二人にケガをさせた暴力団の男に、言われるままに土下座したり、撃たれた本人に油断、過失があったにせよ、身内の警察官ではないか、それを重傷を負って倒れているのがわかっていながら5時間も放置したり、優秀なSAT隊員が射殺されたのに、なお説得を続けたのには、あきれかえった。
仲間を殺されて口惜しくないのか。

なぜ、すぐに犯人を殺さないのか。人質がいたからというならまだわかる。しかし、人質が無事に逃げた後も、犯人を攻撃しようとしなかった。
罪のない者の命は粗末にして、重大な罪人の命は大切にあつかう。馬鹿げた話だ。

政府は、指揮に当たった警察上層部の責任を追及し、早急に、懲戒免職にすべきだ。

警察は、暴力をふるう者や集団に、極端に甘い。それどころか、おもね、へつらう。

これを改めない限り、警察は、国民から信頼されない。協力も受けられないだろう。

関連記事: 「鹿児島県警は何をしていたか」
        「暴力を許すな」

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »