« 中国にだまされるな | トップページ | 米国をどう見るか »

2007年5月19日 (土)

暴力を甘やかし、へつらう警察上層部の首を切れ

愛知県長久手町の発砲立てこもり事件への警察の対応に、強い怒りを覚える。

もともと、警察には、弱い者には徹底して強くあたり、強い者には媚び、へつらう、という傾向があるけれども、これほどひどいとは思わなかった。

拳銃を持って、すでに発砲し、二人にケガをさせた暴力団の男に、言われるままに土下座したり、撃たれた本人に油断、過失があったにせよ、身内の警察官ではないか、それを重傷を負って倒れているのがわかっていながら5時間も放置したり、優秀なSAT隊員が射殺されたのに、なお説得を続けたのには、あきれかえった。
仲間を殺されて口惜しくないのか。

なぜ、すぐに犯人を殺さないのか。人質がいたからというならまだわかる。しかし、人質が無事に逃げた後も、犯人を攻撃しようとしなかった。
罪のない者の命は粗末にして、重大な罪人の命は大切にあつかう。馬鹿げた話だ。

政府は、指揮に当たった警察上層部の責任を追及し、早急に、懲戒免職にすべきだ。

警察は、暴力をふるう者や集団に、極端に甘い。それどころか、おもね、へつらう。

これを改めない限り、警察は、国民から信頼されない。協力も受けられないだろう。

関連記事: 「鹿児島県警は何をしていたか」
        「暴力を許すな」

|

« 中国にだまされるな | トップページ | 米国をどう見るか »

コメント

はじめまして。主に時事問題を扱うブログをココログで書いている、JIROと申します。
トラックバック有難うございました。

本件については既にご高覧頂いたとおり、私も全く同感です。

浅間山荘時の責任者佐々淳行氏の同趣旨のコメントを見つけたので、追加いたしました。

また、よろしくお願い申し上げます。

投稿: JIRO | 2007年5月19日 (土) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159826/15122865

この記事へのトラックバック一覧です: 暴力を甘やかし、へつらう警察上層部の首を切れ:

» 「大林容疑者に捜査員20人殺到、両手掲げ路上に立ちすくむ」←人質自力脱出の後、何故突入しなかったのか。/【追加】佐々淳行氏談話 [JIROの独断的日記ココログ版]
◆記事:大林容疑者に捜査員20人殺到、両手掲げ路上に立ちすくむ 愛知県長久手町の [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 14時57分

« 中国にだまされるな | トップページ | 米国をどう見るか »