« 臓器移植は禁止すべきである | トップページ | 小沢一郎よ 去れ »

2007年10月26日 (金)

食料を輸入に頼る危うさ

食料は日本でつくらなくてよい、輸入すればよいのだ、という乱暴きわまる意見を言う経済学者がいて、それに賛同する人たちがかなりたくさんいるようだ。

彼らの説はこうだ。
日本で生産するよりはるかに安く生産できる国が、世界にはいくつもある。
安いところから買うのが一番合理的だ。何も日本でつくることはない。農業の保護のために税金を使うなんて無駄遣いもいいところだ。農地が荒れようが、田舎に人が住まなくなろうが、気にすることはない。
日本は、世界的に見て他より安く生産できる品物をつくって輸出し、その金で、自国で安く生産できないものを輸入すればよい。得意なものをつくって売り、不得意なものは買う。
これが分業というものだ。経済的に理にかなったやり方だ。食料も例外ではない。食料自給率なんてナンセンス、そんなことを心配する必要などない。

何という愚かさか。

安く買えるといっても、それは今言えることで、先はわからない。状況は常に変化する。たとえ契約していても、状況が変われば、相手は契約を守らないだろう。
値段どころか、供給そのものを断られることもあり得る。
こちらが、輸入に頼って、自ら食料を生産しない体制になってしまえば、相手がこちらの足元を見てくるのは間違いない。
いったん、農地が荒れてしまい、農業に従事する人がいなくなれば、元に戻すのは非常にむずかしい。大変な時間と労力、金が要る。

日本が多数の植民地を持つ国になるか、世界連邦ができて世界が一つの国になるかしないかぎり、分業論は成り立たない。

彼ら、極端な自由貿易信奉者・規制緩和論者・市場原理主義者の言うとおりにしたら、とんでもないことになることは必定である。
危ない、危ない。

関連記事: 「超低賃金国からの輸入品には特別関税をかけよ
        「過度の貿易自由化は日本に害をもたらす

|

« 臓器移植は禁止すべきである | トップページ | 小沢一郎よ 去れ »

コメント

お邪魔します。
 かつてイギリスに「比較生産費説」を吹き込
まれたポルトガルは結局イギリスにしてやられ
ました。またイギリスは中国(当時は清)との
貿易不均衡(イギリスは中国の茶を欲した
が、中国はイギリスのものを欲しがらな
かった)を麻薬、そして戦争(阿片戦争)で
「解決」しました。経済学者は「閉じた」論理
「だけ」に目が行って「歴史」「人間」を見な
いのでしょう。スポーツやゲームではあるまい
し「ルールの枠内にとどまり続ける」保証はあ
りませんから。

投稿: ブロガー(志望) | 2007年10月27日 (土) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159826/16881149

この記事へのトラックバック一覧です: 食料を輸入に頼る危うさ:

« 臓器移植は禁止すべきである | トップページ | 小沢一郎よ 去れ »