« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月27日 (木)

なぜ外国人労働者に頼ろうとするのか

外国人労働者を積極的に取り入れようとする考えを持つ人が多くなっている。
日本はこれから少子・高齢化が進んで、労働力が不足するからだというのが、その理由である。
はたして、労働者は不足しているのか。今後、労働力は不足するのか。
そんなことはない、というのが私の考えである。
現在、日本には失業者があふれている。
さらに、働けるのに働こうとしない人があふれている。
労働者は余っている。
日本では、労働力は十分あり、将来も不足することはないだろう。

総務省の「労働力調査」(平成18年平均)を見ると、15歳以上65歳未満の人口は8400万人。
そのうち、就業者は5870万人しかいない。
残りの2530万人はどうしているか。
仕事につきたくて探している完全失業者が270万人。
家事をしている者が1190万人。
通学している者が730万人。
家事も通学もしていない者が340万人。

総務省の「労働力人口」とは、就業者と完全失業者を合わせた6140万人で、残りの2260万人は、「非労働力人口」に区分されている。
しかし、「非労働力人口」には就業希望者が450万人いる。条件さえ合えば働きたいのだ。

要するに、雇う側の希望する、劣悪な環境の中でも低賃金でも働いてくれる労働者がいない、というだけのことなのだ。ちゃんとしたところで、ちゃんとした賃金を払いさえすれば、働いてくれる日本人労働者はいくらでもいるのである。外国人労働者を取り入れる必要などないのだ。

低賃金でも、ひどい労働条件でも、黙って働く外国人労働者が入ってきたために、日本人の労働者は失業したり、失業しないまでもきびしい労働条件、低賃金を雇用主に強いられている。働くのは馬鹿らしいからと、親の庇護を受けたり、生活保護を受ける者も多い。

外国人労働者にしても、決して喜んで、感謝して働いているわけではない。内心では、自分たちは差別されている、搾取されていると、みじめな気持でいる。中には、はっきりと恨みの気持を持つ者もいる。遠く、国を離れて、風俗習慣も違う、慣れない土地で過酷な労働をさせられ、気持もすさんでくる。徒党を組んで犯罪に走る者も出てくる。

どうすればよいのか。
政府が、外国人労働者の受け入れを停止し、労働者の賃金上昇、労働条件の改善を強力にすすめることだ。
雇用主は、外国人に安く仕事をやらせよう、などと思ってはいけない。外国人を蔑視してはいけない。そんなことをすれば、将来、必ずしっぺ返しを受ける。ヨーロッパの先進諸国の失敗に学ばねばならぬ。
一方で、超低賃金国に対しては、労働者の賃金引上げを要求し、受け入れなければ、その国からの輸入品に特別関税をかければよい。

ただし、私は、いわゆる「海外の高度な人材」の受け入れについては、賛成である。
高度な技術・頭脳を持った優秀な外国人の雇用、登用は、積極的に推進すべきだと考えている。

関連記事:
外国人労働者を減らそう」(06.1.14)
超低賃金国からの輸入品には特別関税をかけよ」(06.1.22)
日本の人口減は心配無用である」(06.3.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

小沢一郎よ 去れ

去る12月7日、小沢一郎民主党代表と胡錦涛中国国家主席が会談する様子をテレビ画面で見た。
小沢が胡に、へらへらとお追従笑いをしながら、約450人の訪中団全員と写真撮影に応じてくれたこと、同行国会議員50人弱とひとりひとり握手してくれたことにたいへん感謝しますと言っていた。
その後の会談でも、小沢は胡に対して何も意見を言わず、ひたすら日中友好ムードを演出するため、胡にへつらい、おもねるばかりだったようだ。

日本政府は、これまで、中国に対して卑屈な態度をとり続けてきた。
中国の過去の悪事および現在行っている悪事について、糾弾、非難することを躊躇してきた。
野党の党首なら、従来の政府の弱腰外交を批判し、堂々と中国首脳にものを言うところを日本国民に見せるべきだろう。
それなのに、政府に輪をかけた卑屈な姿勢で、中国のご機嫌取りに終始するとは、言語道断である。
これでは、野党の存在価値がなくなるではないか。

中国は、自国の勝手な主張を通すために、すでに強大な軍事国家になっているにもかかわらず、今もなお軍備を増強し続けている。
一方で、みずからを発展途上国だと称して、大量の地球温暖化排出ガスをまきちらし、あろうことか日本に排出権を売りつけて金まで取っている。さらに、国連の分担金はろくに支払わず、それでも安保理常任理事国として大きな顔をしている。

日本は中国に言うべきなのだ。
「軍備の増強をやめよ。北朝鮮への援助をやめよ。反日教育をやめよ。地球温暖化排出ガスを削減せよ。チベットの独立を認めよ。中国国民の人権を認めよ」と。

中国は、これまで、一貫して、日本を利用して国力の増強をはかり、軍備を拡大し、日本の力をそぎ、アジアでの覇権を確立しようとしてきたのである。

日本がやらねばならぬことは、いかにして中国を弱体化させるか、ということだ。

そんなことも判らず、ぞろぞろと大勢を引き連れて訪問し、言うべきことを言わず、ただ、へつらい、おもねる、そんな小沢一郎など、顔を見るだけで腹が立つ。
小沢一郎よ、さっさと政界から去るがよい。

関連記事: 
  「政府は中国に対する卑屈な態度をやめよ」(06.1.28)
  「中国と北朝鮮は同じ穴のむじなである」(06.2.11)
  「中国への援助を全廃せよ」(06.6.7)
  「日本は京都議定書から一時離脱せよ」(06.6.23)
  
  「北朝鮮に時間稼ぎをさせるな」(06.11.1)
  「中国にだまされるな」(07.4.11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »