« 食料危機に備えよう | トップページ | 人間の皮をかぶった鬼は中国共産党政府だ »

2008年2月23日 (土)

イージス艦衝突事故 あえて海自を弁護する

イージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故については、海自側に全責任があるかのような報道一色である。
私も海自に責任はあると思う。しかし、漁船にも責任があり、その度合いは海自よりも漁船の方に多い。たぶん六割か七割は、漁船側の責任だ。

それは何故か。船の大きさが違いすぎるからだ。
「あたご」は、全長165m、7,750トン。「清徳丸」は、12m、7トン。しかも、頑丈な軍艦とやわな漁船。ぶつかれば、漁船はひとたまりもない。

小さな「清徳丸」からは大きな「あたご」はよく見える。
しかし、「あたご」からは小さな「清徳丸」は見えにくい。

「清徳丸」は、機敏に、方向転換も減速もできる。
「あたご」は、そう簡単にできない。

だから、「清徳丸」が、無理して「あたご」の前を横切らなければ、衝突は避けられたはずである。まっすぐに、スピードをゆるめずに進んでくる巨大な軍艦の前を小さな漁船が横切ろうとするのは、無謀であり、それは自殺行為に等しい。

2隻の船がぶつかりそうになったときは、右舷に相手の船を見る方が回避義務を負う、というのは、今回のような大きさの段違いの船の間では、通用しない話である。
交通量の多い海域で、大きな船が心すべきことは、まっすぐに 、ゆっくり 、一定の速度で 、時に警告を発しながら 航行することである。

まだ事実がはっきりしないから断定はできないが、「あたご」側の落ち度として考えられることは、速度が速すぎた、警笛の鳴らし方が不十分だった、の2点である。

|

« 食料危機に備えよう | トップページ | 人間の皮をかぶった鬼は中国共産党政府だ »

コメント

清徳丸に衝突を避ける気があれば、事故は起こらなかったのではないでしょうか?金平丸(清徳丸とは1マイルぐらい離れていたらしい)の船長は衝突の30分ぐらい前にイージス艦はレーダーに映っていたと証言している。清徳丸のレーダにも同じでしょう。一体、清徳丸は衝突までの30分間、何をしていたのでしょうか?寝ていた?衝突しに行った?

投稿: 暴走漁船 | 2008年2月23日 (土) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159826/40229354

この記事へのトラックバック一覧です: イージス艦衝突事故 あえて海自を弁護する:

» 「見張り、清徳丸を報告せず=「危険性ないと思った」-イージス艦衝突事故」←イージス艦「だけ」の責任にしたがる一面的思考 [JIROの独断的日記ココログ版]
◆記事:見張り、清徳丸を報告せず=「危険性ないと思った」-イージス艦衝突事故 ( [続きを読む]

受信: 2008年2月29日 (金) 17時46分

« 食料危機に備えよう | トップページ | 人間の皮をかぶった鬼は中国共産党政府だ »