« 竹島問題 もっと広報に力を入れよう | トップページ | 北朝鮮にミサイルと核を廃棄させるには »

2008年10月13日 (月)

金融自由化は誤りであった

おかしいではないか。
税金を使って危機に陥った銀行や証券会社を助けるのは。

金融自由化とか規制緩和とかいって、銀行や証券会社が、返済の見込みの薄い先に貸し付けたり、あやしげな金融商品を売買したり、膨大な借金をしてリスクの高い投機にみずから走ったり、投機に手を貸したり、マネー・ゲームを楽しんだり、経営幹部に途方もない額の報酬を与えたりするのを放置しておいて、バブルがはじけて経営が破綻しかけると、今度は、目もくらむばかりの巨額の税金を投入してこれを助ける。

どうしてもおかしい。納得がいかない。

自由にしておけばよい、規制はやめたほうがいい、と言うのなら、その通り放っておけばいいではないか。
金融機関がどれだけつぶれようが、いくら損が出ようが、みんな自己責任だ。
そんな金融機関に金を預けたのが、そんなあやしげな金融商品を買ったのが、そんな会社の株を買ったのが、馬鹿だったのだ。
格差拡大を是正するのにちょうどいいではないか。

今回の米国発の世界的な金融・経済危機に対処するためには、どうしても公的資金を投入する必要がある、と言うのなら、先ず、はっきりと、これまでの金融自由化、規制緩和が誤りであったことを認め、今後は金融機関を厳格に監視・監督し、さまざまな規制でがんじがらめにして、決してこれまでのような放漫な経営をさせない、従わない金融機関は即刻取り潰す、と宣言すべきである。

|

« 竹島問題 もっと広報に力を入れよう | トップページ | 北朝鮮にミサイルと核を廃棄させるには »

コメント

預金者・契約者を保護する為に税金を投入するまでは、まだ、許せる範囲もありますが、その後の対処が悪い。経営者責任として経営陣の財産没収まで行わなければ経営者の無責任経営は変わりません。法律を改定すべきです。

投稿: Y | 2008年10月13日 (月) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159826/42771488

この記事へのトラックバック一覧です: 金融自由化は誤りであった:

« 竹島問題 もっと広報に力を入れよう | トップページ | 北朝鮮にミサイルと核を廃棄させるには »