« 金融自由化は誤りであった | トップページ | 無責任な大阪地裁の無罪判決 »

2008年10月22日 (水)

北朝鮮にミサイルと核を廃棄させるには

北朝鮮は危険極まる軍事国家である。100万人もの軍隊と500基を超えるミサイルを保有し、最近では核兵器まで持つに至っている。

人口2,000万人の小国がこのような巨大な軍事力を保持することは、無理なはずである。
経済的に破綻するのが当然である。
しかし、北朝鮮はそうならなかった。

その理由の第一は、北朝鮮の利用価値を認める中国、ソ連から経済援助を受けたこと、第二は、韓国と日本を恫喝して、多額の金銭、食糧、重油などを脅し取ったことである。

さらに、遠く離れて危機意識の薄い米国が北朝鮮を甘やかしたことも大きい。

日本にとって、北朝鮮の中長距離ミサイルと核兵器は放置できない脅威であり、何としても廃棄させねばならない。

一番よい方法は、米国を説得して北朝鮮に一気に、集中的にミサイル攻撃をかけてもらうことである。

それがだめなら、北朝鮮を経済的に破綻させることである。
そのためには、日本から一切援助しないこと、北朝鮮への金銭の送金、物資の輸送を禁止すること。
さらに、韓国、中国から援助させないように、両国の経済力を弱め、援助する余裕をなくさせることである。

今の6ヶ国協議など百害あって一利なし、北朝鮮が核を廃棄することは絶対にないだろう。
北朝鮮に援助すればするほど、北朝鮮は核兵器、ミサイルの数を増やすだろう。

|

« 金融自由化は誤りであった | トップページ | 無責任な大阪地裁の無罪判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159826/42871104

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮にミサイルと核を廃棄させるには:

« 金融自由化は誤りであった | トップページ | 無責任な大阪地裁の無罪判決 »