« 2008年11月 | トップページ | 2009年8月 »

2008年12月11日 (木)

たばこ税の引き上げすらできなくてどうする

日本のたばこの値段は安すぎる。安すぎるから喫煙者が多い。安いから多量に喫煙する。喫煙しないものに迷惑をかける。ごみをまきちらす。火事の原因になる。

たばこは万病の元である。喫煙を減らせば医療費も減る。

たばこなんて百害あって一利なし。

たばこ税を現行の10倍に引き上げろというのが、かねてからの私の主張である。

現行のたばこ税は、1000本あたり、8744円である。1本あたり、たったの8.7円余だ。
これを先ず1本50円にし、3年後に70円、6年後に90円にしたらよい。

たばこがやめられない人は、1本を大事に吸ったらよい。
増税値上げを機会にたばこをやめることをおすすめする。まわりも喜ぶし、何より本人の健康によい。
たばこ農家は転作を考えておいたほうがよい。毒を作って害悪を流すのはやめるべきである。

麻生さん、たばこ税の引き上げすらできなくてどうする。
口先ばかりで、全然実行力がないと、また評判を落とすことになるのは間違いない。

関連記事:「消費税を上げる前にやるべきことがある 財政再建策 その1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年8月 »