« 2009年11月 | トップページ | 2010年8月 »

2009年12月15日 (火)

小沢一郎とはこういう奴なのだ

小沢一郎の12月14日の記者会見の内容を詳細に読んだ。
彼が言っていることを、平たく表現すればこうなる。

「天皇よ、あんたは飾り物なんだ。あんたは政権を握ったものの言う通りにすればいいんだ。どうだこうだ文句を言うんじゃないよ。憲法をよく勉強するんだな。」

よくもまあ、ここまで露骨に言ったものだ。羽毛田宮内庁長官に向けて言ってるようだが、実は天皇陛下に向けて言ってるのだ。

要するに、彼の考えでは、憲法上、天皇は国の飾り物であって、内閣の指示通り黙って仕事すればいいのだ、となる。

偉そうに新聞記者相手に憲法をもう一度読み直せなどと言ってるが、小沢一郎こそもう一度しっかり読み直すべきだ。

日本国憲法第1章第1条には、こう書いてある。

「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく」

なるほど、小沢の言うとおり、天皇は飾り物かもしれない。しかし、ただの飾り物ではない。日本国民から尊敬、敬愛されている存在なのだ。

小沢一郎や鳩山由紀夫には、天皇に対する尊敬、敬愛の念はひとかけらもない。
彼らは、天皇をただの飾り物、道具、操り人形としてしか見ていない。
だからこそ、平気で天皇に指示、命令し、強制するのだ。

小沢一郎とは、こういう奴なのだ。こんな奴に日本を自由にさせてよいのか。

たった一度、選挙に大勝したからといって思い上がり、図に乗っているこの男や民主党に鉄槌を加えねばならない。

関連記事:「小沢一郎よ 去れ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

天皇陛下に習近平との会見を強要ー鳩山、小沢の冷血

鳩山首相は12月10日、平野官房長官を通じて、天皇陛下に12月15日に中国の習近平副主席と会見するように指示(命令)したそうである。

高齢で多忙な陛下の健康面や日程調整の観点から1ヶ月を切った会見要請は受けないようにするという慣行ルールを無視した強要である。

そこには、準備に時間をかけて万全を期される陛下のことをおもんばかる気持、尊敬する気持のかけらもない。
それどころか、陛下を自分の操り人形のごとく扱い、一人の人間とすら考えない、おそるべき冷血さが見える。

鳩山首相の後ろには、もちろん、あの小沢幹事長がいる。

鳩山、小沢の辞職を求める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年8月 »