« 小沢一郎とはこういう奴なのだ | トップページ | 大阪地検特捜部主任検事逮捕 »

2010年8月25日 (水)

円高 政府はどう対処すべきか

このところ、日本は急激な円高に見舞われている。

円高は、日本の通貨の価値が高くなることで、決して悪いことではない。

しかし、急激な円高は国内企業に多大な損害を与える。
輸出品の数量減と価格下落、輸入品の数量増・価格下落による国内販売の数量減と価格下落、この二つによって大幅な売上高の減少を招くからである。そのため国内の雇用が減少することは必至である。

ゆるやかな、非投機的な円高ならば、それは望ましい。
しかし、今起きている円高は、あまりに急激で、かつ投機的である。
したがって、政府はこれを放置してはならない。

どうすればよいか、私の考えはこうである。

過去に行われたような、当局による円売り介入、金融緩和、財政刺激策はやめた方がよい。
効果も少なく、弊害の方が大きい。

それよりも、外国から徹底して物を買うこと、輸入することだ。

日本にとって必要な品物で、国内産業に被害が及ばない品物、日本にないものを買い込むのだ。

今こそ、お金を物に換える時だ。

今、この時期に、将来の日本にとって有用なもの、日本に少ないもの、なるべく保管しやすく、劣化しにくいものを買いまくることだ。

財源は特別国債の発行でまかなえばよい。
買うときは、政府がなるべく表に出ないで、商社を介することだ。

|

« 小沢一郎とはこういう奴なのだ | トップページ | 大阪地検特捜部主任検事逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159826/49245790

この記事へのトラックバック一覧です: 円高 政府はどう対処すべきか:

« 小沢一郎とはこういう奴なのだ | トップページ | 大阪地検特捜部主任検事逮捕 »