« 円高 政府はどう対処すべきか | トップページ | 中国を見誤るな »

2010年9月22日 (水)

大阪地検特捜部主任検事逮捕

昨夜、大阪地検特捜部の前田恒彦主任検事が証拠隠滅の容疑で逮捕された。
厚労省の村木厚子前局長を罪に陥れるために証拠を改ざんしていたことが露見したためである。すでに、今年2月、検察内部ではこの件は問題になっていた。にもかかわらず、大阪地検上層部はこれを隠蔽した。
彼らは、さすがにこの改ざんされたフロッピーディスクを証拠として利用することはしなかったようだが、実におそろしい連中である。

警察や検察に強力な捜査権限を与えて、家宅捜索、逮捕、勾留などを行うことを許しているのは、悪事を働くもの、特に暴力をふるうものを糾弾して善良な国民を保護するためである。

それを忘れて、強いものにおもね、へつらい、弱いものをいじめ、おどす、さらには証拠を改ざんして無実の者に罪をかぶせようとする、そんな警察官、検察官は国家・国民の敵である。

この前田という検事と、その悪事を知りながら隠そうとした上司の検事たちは、独立した特別の組織によって徹底的に取り調べて厳罰に処さねばならない。

関連記事: 「5ヶ月以上も勾留するとはひどすぎる

|

« 円高 政府はどう対処すべきか | トップページ | 中国を見誤るな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159826/49525115

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪地検特捜部主任検事逮捕:

« 円高 政府はどう対処すべきか | トップページ | 中国を見誤るな »