« 大阪地検特捜部主任検事逮捕 | トップページ | 東電の信用は地に墜ちた »

2010年9月26日 (日)

中国を見誤るな

中国共産党政府の方針は一貫している。
彼らは、長期的に、日本を利用して、国力の増強をはかり、軍備を拡大し、日本の力をそぎ、アジアでの覇権を確立しようとしてきた。
そして、今や彼らの武力、国力は強大なものとなり、日本から彼らの戦略上の要の島、尖閣諸島を奪い取ろうとしているのである。

お人よしの日本は、昔の負い目もあって、戦後ずっと中国との和解・友好を夢見て、中国の軍備、国力の強大化に力を貸してきた。中国にだまされ続けてきたのである。

日本は、まず、中国の狡猾な意図をはっきりと認識し、共産中国との友好などという幻想を捨てることだ。
そして、ここが大事なところであるが、日本も長期的に、忍耐強く、一貫して、策を練って、悪辣な中国に対処していくことだ。
短期的な、行き当たりばったりのやり方では、必ず中国に負けてしまう。

武力では、口惜しいが、もはや日本に勝ち目はまったくない。米国との同盟関係に頼るしかない。このことをしっかり認識して、米国に少々不満があっても協力し、我慢することだ。

日本がかろうじて中国に対抗できるのは、経済力と言論の力である。

まず、日本がなすべきことは、「京都議定書」から一時離脱して、その復帰の条件として中国の温暖化排出ガスの削減を要求すること、それによって日本の電力会社などからの中国への巨額の資金の流れを断つことである。

次になすべきことは、中国との経済関係を断つ覚悟を決めることである。
経済戦争において、肉を切らせて骨を切るのだ。中国と経済関係を断つことは、日本にとって大打撃である。しかし、中国にとっては、もっとひどい打撃になるだろう。
同時に、チベットやウィグルでの中国のこれまでの悪事を糾弾すること、中国共産党の一党独裁の弱点を突き、中国国民の民主化願望をあおること、中国のアジアでの覇権確立への邪悪な意図、軍備の増強ぶりを世界に向けて、絶え間なく発信し続けることである。

日本はおとなしすぎるのだ。もっともっと主張しなければいけない。黙っていては誰もわかってはくれない。
世界の多くの国々を味方につけるには、日本から情報、主張を、常に発信し続けることが大切である。

関連記事: 「日中ガス田 また中国にだまされた日本

     「人間の皮をかぶった鬼は中国共産党政府だ

       「小沢一郎よ 去れ

       「中国にだまされるな

       「日本は「京都議定書」から一時離脱せよ

       「中国への援助を全廃せよ

       「中国と北朝鮮は同じ穴のむじなである

       「政府は中国に対する卑屈な態度をやめよ

|

« 大阪地検特捜部主任検事逮捕 | トップページ | 東電の信用は地に墜ちた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159826/49564408

この記事へのトラックバック一覧です: 中国を見誤るな:

« 大阪地検特捜部主任検事逮捕 | トップページ | 東電の信用は地に墜ちた »