« 中国を見誤るな | トップページ | 原発は廃棄するしかない »

2011年3月14日 (月)

東電の信用は地に墜ちた

東京電力福島原子力発電所の現状は、東京電力のこれまでの話がデタラメであったことを露呈した。


東電は、安全性を確保するための周到な設計をほどこしている、緊急時に備えての訓練もしっかり行っている、だから心配しないでくれ、と言ってきた。あれは、みな、ウソだったのか。


原発は、緊急時でも「止める」「冷やす」「とじ込める」の三原則で放射性物質を外部に出さないようにしてあるから大丈夫だとの説明だった。


しかし、「止める」はうまくいった(東電や国はそう言っている、しかし本当かどうか疑わしいところもある)が、後の二つはまるで駄目だった。


「冷やす」ための海水ポンプが機能しなかったか、ポンプを動かす非常用ディーゼル発電機が機能しなかったか、で「緊急炉心冷却」ができなかった。日頃から緊急時に作動するように訓練をすることになっていたはずである。何故、決めたことをきちんと守らなかったのか。
ポンプや発電機が津波で冠水することは、設計上、想定されていたはずではないか。


「とじ込める」は、「原子炉圧力容器」「原子炉格納容器」「原子炉建屋」の三段構えでやるから心配いらない、と言っていたが、頑丈なはずのコンクリート製の建屋はいとも簡単に吹き飛んでしまった。まるでプレハブの家みたいではないか。骨組みしか残っていない。こんなやわなもので何が「とじ込める」だ。見かけばかりの役にも立たない代物ではないか。

東電を監督する国の「原子力安全・保安院」も、記者会見の様子などを見ると、何とも頼りない人ばかりで、まったく信頼が置けない。

これで、日本での原発の新設は不可能になった。日本はまた石油に頼らざるを得なくなった。その原因をつくった東電の罪は重い。

|

« 中国を見誤るな | トップページ | 原発は廃棄するしかない »

コメント


東電の罪が重いのと同様に、受け入れた地方自治体に責任があるとおっしゃってますが、リスクを「東北」に押しつけている「関東人」に自身の罪の意識がないことが問題ではないですか?

これはフェアトレードではない。都市が金にものをいわせてリスクを押しつけているのだから。

「関東人の我が侭」のせいで福島が「スケープゴート」にされたということを自覚してほしいのです。

投稿: | 2011年3月27日 (日) 23時42分

コメントありがとうございます。
私は「関東」とか「東北」とかではなく、日本全体のエネルギーのことを考えて、原発は必要なものと考えていました。
たしかに、おっしゃる通り「金にものをいわせてリスクをおしつけ」た、あるいは金に目がくらんでリスクに目をつぶった面があった、と思います。
しかし、地方自治体は、国や電力会社、設計者の言うことを信用して、受け容れたのです。決して、金だけに目がくらんだわけではありません。国民のため、日本のためにもなると思って承知したのです。
だが、もう駄目です。
日本は原発をあきらめるしかないでしょう。

投稿: 野分権六 | 2011年3月28日 (月) 06時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159826/51116422

この記事へのトラックバック一覧です: 東電の信用は地に墜ちた:

« 中国を見誤るな | トップページ | 原発は廃棄するしかない »