2013年2月15日 (金)

北朝鮮を操っているのは中国だ

北朝鮮が核兵器やミサイルで隣国を脅迫するのをやめさせるただ一つの方法は、中国を叩くことである。


北朝鮮を操っているのは中国であって、北朝鮮にいくら経済制裁をしたところで何の効果もない。


中国に対して経済制裁をしなければ、中国に圧力をかけなければ、中国を叩かなければ、何の意味もない。

中国は自らの野望を実現するために北朝鮮に金や物を与えて、自分の凶暴な番犬として飼っているのだ。

日本は自国の安全のために、米国と協力して、世界各国に働きかけて中国への経済制裁を呼びかけ、中国を封じ込めねばならない。

まず、日本が真っ先に中国と経済断交をし、悪辣な中国との経済戦争の口火を切ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

中国と経済断交を

日本は、中国共産党政府との友好などという幻想は捨て去るべきである。(参照

日本を打ち負かしてアジアでの覇権を確立しようとする中国の意図は揺るぎがない。

今や中国の武力は強大なものとなっており、近い将来、経済力においても日本を上回るようになるだろう。

中国は連日、日本に攻勢をかけており、日本は完全に押しまくられている。

にもかかわらず、日本は中国を攻撃することなく、ただひたすら受身に終始して、耐えている。

これではいけない。攻撃は最大の防御である。

日本は腹を据えて中国に立ち向かうべきである。

ただし、武力ではなく、言論と経済力によって対抗するのだ。

言論によって、世界の国々に、過去から現在までの中国の悪辣なやり口を公開し、繰り返し非難し、共に中国に立ち向かうように訴えることである。

また、中国の武力、国力をそぐために、経済戦争をしかけねばならない。

まず、日本から中国への投資や資金提供を禁じ、中国からの輸入品、中国への輸出品に制裁関税を課すことから始め、最終的には中国との経済関係をすべて絶つ、経済断交に踏み切らねばならない。

中国との経済戦争は、日本にとっても大変な打撃となり、苦しむことになるだろう。

しかし、中国に服従隷属させられる屈辱を思えば、我慢できるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

中国を見誤るな

中国共産党政府の方針は一貫している。
彼らは、長期的に、日本を利用して、国力の増強をはかり、軍備を拡大し、日本の力をそぎ、アジアでの覇権を確立しようとしてきた。
そして、今や彼らの武力、国力は強大なものとなり、日本から彼らの戦略上の要の島、尖閣諸島を奪い取ろうとしているのである。

お人よしの日本は、昔の負い目もあって、戦後ずっと中国との和解・友好を夢見て、中国の軍備、国力の強大化に力を貸してきた。中国にだまされ続けてきたのである。

日本は、まず、中国の狡猾な意図をはっきりと認識し、共産中国との友好などという幻想を捨てることだ。
そして、ここが大事なところであるが、日本も長期的に、忍耐強く、一貫して、策を練って、悪辣な中国に対処していくことだ。
短期的な、行き当たりばったりのやり方では、必ず中国に負けてしまう。

武力では、口惜しいが、もはや日本に勝ち目はまったくない。米国との同盟関係に頼るしかない。このことをしっかり認識して、米国に少々不満があっても協力し、我慢することだ。

日本がかろうじて中国に対抗できるのは、経済力と言論の力である。

まず、日本がなすべきことは、「京都議定書」から一時離脱して、その復帰の条件として中国の温暖化排出ガスの削減を要求すること、それによって日本の電力会社などからの中国への巨額の資金の流れを断つことである。

次になすべきことは、中国との経済関係を断つ覚悟を決めることである。
経済戦争において、肉を切らせて骨を切るのだ。中国と経済関係を断つことは、日本にとって大打撃である。しかし、中国にとっては、もっとひどい打撃になるだろう。
同時に、チベットやウィグルでの中国のこれまでの悪事を糾弾すること、中国共産党の一党独裁の弱点を突き、中国国民の民主化願望をあおること、中国のアジアでの覇権確立への邪悪な意図、軍備の増強ぶりを世界に向けて、絶え間なく発信し続けることである。

日本はおとなしすぎるのだ。もっともっと主張しなければいけない。黙っていては誰もわかってはくれない。
世界の多くの国々を味方につけるには、日本から情報、主張を、常に発信し続けることが大切である。

関連記事: 「日中ガス田 また中国にだまされた日本

     「人間の皮をかぶった鬼は中国共産党政府だ

       「小沢一郎よ 去れ

       「中国にだまされるな

       「日本は「京都議定書」から一時離脱せよ

       「中国への援助を全廃せよ

       「中国と北朝鮮は同じ穴のむじなである

       「政府は中国に対する卑屈な態度をやめよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

天皇陛下に習近平との会見を強要ー鳩山、小沢の冷血

鳩山首相は12月10日、平野官房長官を通じて、天皇陛下に12月15日に中国の習近平副主席と会見するように指示(命令)したそうである。

高齢で多忙な陛下の健康面や日程調整の観点から1ヶ月を切った会見要請は受けないようにするという慣行ルールを無視した強要である。

そこには、準備に時間をかけて万全を期される陛下のことをおもんばかる気持、尊敬する気持のかけらもない。
それどころか、陛下を自分の操り人形のごとく扱い、一人の人間とすら考えない、おそるべき冷血さが見える。

鳩山首相の後ろには、もちろん、あの小沢幹事長がいる。

鳩山、小沢の辞職を求める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

北朝鮮にミサイルと核を廃棄させるには

北朝鮮は危険極まる軍事国家である。100万人もの軍隊と500基を超えるミサイルを保有し、最近では核兵器まで持つに至っている。

人口2,000万人の小国がこのような巨大な軍事力を保持することは、無理なはずである。
経済的に破綻するのが当然である。
しかし、北朝鮮はそうならなかった。

その理由の第一は、北朝鮮の利用価値を認める中国、ソ連から経済援助を受けたこと、第二は、韓国と日本を恫喝して、多額の金銭、食糧、重油などを脅し取ったことである。

さらに、遠く離れて危機意識の薄い米国が北朝鮮を甘やかしたことも大きい。

日本にとって、北朝鮮の中長距離ミサイルと核兵器は放置できない脅威であり、何としても廃棄させねばならない。

一番よい方法は、米国を説得して北朝鮮に一気に、集中的にミサイル攻撃をかけてもらうことである。

それがだめなら、北朝鮮を経済的に破綻させることである。
そのためには、日本から一切援助しないこと、北朝鮮への金銭の送金、物資の輸送を禁止すること。
さらに、韓国、中国から援助させないように、両国の経済力を弱め、援助する余裕をなくさせることである。

今の6ヶ国協議など百害あって一利なし、北朝鮮が核を廃棄することは絶対にないだろう。
北朝鮮に援助すればするほど、北朝鮮は核兵器、ミサイルの数を増やすだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

人間の皮をかぶった鬼は中国共産党政府だ

中国共産党政府は、1950年に武力をもってチベットを侵略し、多数のチベット人を虐殺した。その後、中国はチベットを植民地として統治し、抵抗するチベット人を殺戮してきた。
これまでに中国人に殺されたチベット人は少なくとも100万人を超える、と言われている。
私は、もっと多く、おそらく150万人に達するだろうと思っている。

今、また、チベットおよび中国各地で、チベット人が多数殺されている。
中国政府は外国の報道陣を締め出して、秘密裏に、抵抗するチベット人の摘発、抹殺を行っている。

中国政府は、亡命したダライ・ラマ14世を悪者に仕立てて、彼をウソつきだとか人間の皮をかぶった鬼だとか悪魔だとか言っているようだが、とんでもない話である。
ウソつきは中国の温家宝首相の方だ。もちろん、鬼はチベット自治区で多数のチベット人を冷酷に殺した経歴をもつ胡錦濤国家主席その人だ。

ダライ・ラマ14世は、誠実で、穏健な非暴力の平和主義者で、中国に、「チベット独立」を求めない、ただ「高度の自治」を求める、と譲歩した。
にもかかわらず、中国政府はこれを拒否したのである。

悪辣な中国は、「チベット自治区」とは名ばかりで、徹底的にチベット人の自由を奪い、完全な漢族支配をすすめてきた。

日本政府は、今が中国に物を言う絶好の機会であるにもかかわらず、相変わらず中国に遠慮している。何ともなさけない姿で、恥ずかしいかぎりである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

小沢一郎よ 去れ

去る12月7日、小沢一郎民主党代表と胡錦涛中国国家主席が会談する様子をテレビ画面で見た。
小沢が胡に、へらへらとお追従笑いをしながら、約450人の訪中団全員と写真撮影に応じてくれたこと、同行国会議員50人弱とひとりひとり握手してくれたことにたいへん感謝しますと言っていた。
その後の会談でも、小沢は胡に対して何も意見を言わず、ひたすら日中友好ムードを演出するため、胡にへつらい、おもねるばかりだったようだ。

日本政府は、これまで、中国に対して卑屈な態度をとり続けてきた。
中国の過去の悪事および現在行っている悪事について、糾弾、非難することを躊躇してきた。
野党の党首なら、従来の政府の弱腰外交を批判し、堂々と中国首脳にものを言うところを日本国民に見せるべきだろう。
それなのに、政府に輪をかけた卑屈な姿勢で、中国のご機嫌取りに終始するとは、言語道断である。
これでは、野党の存在価値がなくなるではないか。

中国は、自国の勝手な主張を通すために、すでに強大な軍事国家になっているにもかかわらず、今もなお軍備を増強し続けている。
一方で、みずからを発展途上国だと称して、大量の地球温暖化排出ガスをまきちらし、あろうことか日本に排出権を売りつけて金まで取っている。さらに、国連の分担金はろくに支払わず、それでも安保理常任理事国として大きな顔をしている。

日本は中国に言うべきなのだ。
「軍備の増強をやめよ。北朝鮮への援助をやめよ。反日教育をやめよ。地球温暖化排出ガスを削減せよ。チベットの独立を認めよ。中国国民の人権を認めよ」と。

中国は、これまで、一貫して、日本を利用して国力の増強をはかり、軍備を拡大し、日本の力をそぎ、アジアでの覇権を確立しようとしてきたのである。

日本がやらねばならぬことは、いかにして中国を弱体化させるか、ということだ。

そんなことも判らず、ぞろぞろと大勢を引き連れて訪問し、言うべきことを言わず、ただ、へつらい、おもねる、そんな小沢一郎など、顔を見るだけで腹が立つ。
小沢一郎よ、さっさと政界から去るがよい。

関連記事: 
  「政府は中国に対する卑屈な態度をやめよ」(06.1.28)
  「中国と北朝鮮は同じ穴のむじなである」(06.2.11)
  「中国への援助を全廃せよ」(06.6.7)
  「日本は京都議定書から一時離脱せよ」(06.6.23)
  
  「北朝鮮に時間稼ぎをさせるな」(06.11.1)
  「中国にだまされるな」(07.4.11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

中国にだまされるな

今日、中国の温家宝首相が来日する。

安倍首相は、この際、遠慮せず、はっきりと、温家宝首相に言うべきだ。
「軍備の増強をやめよ、北朝鮮への援助をやめよ、反日教育をやめよ、地球温暖化排出ガスを削減せよ」と。

日本としては、いかに中国を弱体化させるかが、きわめて重要なのだ。
常に、このことを念頭において、長期的に、一貫して、策を練り、対処していかねばならない。

中国にだまされてはいけない。彼らは、一貫して、長期的に、日本を利用して、国力の増強をはかり、軍備を拡大し、日本の力をそぎ、アジアでの覇権を確立しようとしてきたのである。
お人よしの日本人は、これまで、まんまとだまされてきたのだ。
もう、いいかげんに目を覚まそう。

関連記事: 「超低賃金国からの輸入品には特別関税をかけよ」
        「政府は中国に対する卑屈な態度をやめよ」
        「中国と北朝鮮は同じ穴のむじなである」
        「過度の貿易自由化は日本に害をもたらす」
        「中国への援助を全廃せよ」
        「日本は京都議定書から一時離脱せよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

中国と北朝鮮は同じ穴のむじなである

政府はいつまでダラダラと北朝鮮と話し合いを続けるつもりか。このままでは北朝鮮にただ時間稼ぎをされるだけである。米国とよく作戦を練って、国連の場に出して、国際的な制裁を促すとともに、日本単独でもあらゆる手段を講じて北朝鮮が音をあげるようにしなければいけない。

核の問題でも、本来もっとも危険な、緊急を要する相手先は、イラクでもイランでもなく、北朝鮮だったはずである。日本がぼんやりしているから、もともと遠く離れて身近に危険を感じていなかった米国はイスラエルにせっつかれてイラクを攻撃し、今またイランに向かっているのである。公然と核兵器を保有していると宣言している北朝鮮と保有していないと言っていたイラク、保有するつもりがないと言っているイランとを比べて、どちらが危険か、どちらを優先して対応策をとらねばならないか、その答えははっきりしている。

今ひとつ大事なことがある。それは、北朝鮮の後ろには中国がついている、ということだ。
北朝鮮がやりたいほうだいにやれているのは、中国が手を貸しているからである。中国が北朝鮮にやらせている、と言ってもよい。黒幕は中国だ。百歩ゆずっても、中国は北朝鮮と同類、同じ穴のむじなである。これを忘れてはいけない。

もうひとつ、日本には内なる敵がいる。それは、何だかだと理屈をつけては、北朝鮮に対する強硬姿勢をいさめる一部の政党、政治家、学者、マスコミである。彼らにだまされてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)